自由度の高いカードローンの気になるポイント

カードローンは、振込融資と並んで主な借り入れ方法として現在の貸金業界に普及しています。
まるで自分のキャッシュカードのように扱うことのできるこのフリーローンはとても自由度が高いため、これまでにお金を借りたことがない方でも快適な理想の借り入れをすることができるはずです。
また自由度が高いといっても少額のキャッシングになるように設定することもできるので、借り過ぎてしまう心配もなく安心です。
そんなカードローンについて金利・限度額・審査その他に触れつつご説明していきます。


○カードローンは基本的に上限金利○

カードローンでお金を借りる方というのはほとんど、100万円を超えた借り入れをすることはありません。
キャッシングというのは利用する金額によって金利が決まるようになっているため、100万円を超えないということは表示されている金利の一番高い数値に自動的になってしまいます。
銀行でいうとおよそ14%、消費者金融でいうとおよそ18%ですね。
なので、これから利用しようと銀行や消費者金融の金利を比較している方は、お気の毒かもしれませんが大きいほうの数字を見て決めましょう。
逆に言えば、それ以上高くなることはないので利息を含めた返済計画をしやすいということです。


○限度額は自分で決められるから安心○

カードローンの自由度が高い要因の1つに限度額という概念があります。
例えば、限度額が30万円だとしたらその金額までは自由に借入あるいは返済を繰り返すことができるというルールです。
上の金利と合わせると複雑に感じるかもしれませんが、先ほども述べたように100万円以下なら基本的に上限金利での借り入れになります。
また、申し込む際に限度額を自分で決めることができるので、借り過ぎを抑える意味でも安心して申し込むことができます。
増額する場合はまた別の審査を受けなければいけませんが、返済などトラブルなく利用して半年おきくらいのペースで受ければ比較的増額しやすいといわれています。


○早めの審査は最短30分で結果がわかる○

カードローンに総じて言えるのは審査結果が早めにわかるということです。
基本的に少額キャッシングになるので会社側も判断がしやすく、利用者にカードローンを発行しやすいというwin-winの関係になっているからです。
また、限度額を低めにして申し込むことで審査に通過しやすくなるというコツもあります。
例えば10万円の限度額で申し込みをしたとすると、会社側としては借り逃げされた場合などの損失(=リスク)を減らすことができるのでカードローンを発行しやすいと言われています。
結果については電話やメールで教えてくれることがほとんどなので、待っているだけでOKというところも嬉しいですね。

Comments are closed.